海外旅行中に盗難にあってしまったら・・・

海外旅行をしなければ、日本の治安がいかに優れているか実感することはないでしょう。

夜に町を歩いても大丈夫。女性や子供だけで歩いていても大丈夫。スリや強盗はめったにいない。偽札もほとんどない。先進国でこの治安の良さは奇跡だと思います。それだけに日本人は犯罪慣れしていないために狙われやすいともいえます。

お金を持ってそうな格好はなるべく避けて、目立たないようにするべきでしょう。それでも、スリに遭うこともあります。なにせ、海外のスリと来たら、集団でしかも子供などもやっています。

こちらの自衛の範囲を超えて盗まれることも多々あります。

絶対に抵抗してはダメ!

スリに遭った場合

追いかけたい気持ちをぐっと抑えて、その後の対処に最善を尽くした方がいいです。犯人がナイフや銃を持っていたら、命まで奪われてしまうからです。

海外では日本のルールは通用しないと諦めた方が身のためです。

クレジットカードが盗難にあった場合

警察に届け出るよりも先にカード会社に連絡して無効処理の依頼をします。それから最寄りの警察へ被害届けを出します。このとき大事なのは、いつ・どこで・どのように盗られたかを説明して、警察のサイン入りの盗難証明書を作ってもらうことです。後で保険会社に請求するとき、この書類が必要になります。

とはいえ、国や地域によっては警察が協力的でないこともあります。

保険会社に連絡し、盗難にあったものを知らせます

保険の請求は帰国後ですが、先に説明しておきます。一般的に請求時に必要な書類は、盗難証明書、購入時の金額購入先などを示す書類、領収書です。

もし現地の警察が盗難証明書を作ってくれない場合は、高額なものでなければ自認書で保険が認められるケースがあります。カメラなどは認められる範囲と思われます。

盗難品の中に、トラベラーチェックがあったら、銀行で再発行できます。このときアメリカン・エキスプレス提携銀行であれば手数料が無料になることがあります。

航空券が盗まれた場合は、航空会社に連絡して再発行をしてもらいます。これらのときも盗難証明書があればスムーズです。

最終手段は現地の日本大使館へ!連絡先は控えよう

以上、淡々と述べていますが、もし海外で盗難に遭ってしまったらきっとパニックでそれどころじゃないでしょう。冷静に連絡できない、むしろそれが普通だと思います。

そのため、オススメなのは大使館・領事館に駆け込んでしまうことです。日本語で窮状を訴えることができるだけでも、心はずっと楽になると思います。

大使館員もその道のプロですから、ふさわしいアドバイスをくれるでしょう。

ただし、金銭的な援助は一切してくれないので盗難に遭って無一文になる、という状況は避けたいです。そのためにもまずは自衛、特にお金の持ち方に関しては工夫をした方が良いでしょう。

関連記事:海外旅行に行くなら、絶対に知っておくべき「お金」の知識

海外旅行で安心して現金を持ち歩く5つの方法

この記事のカテゴリー:
Pocket