海外旅行のトラブルは盗難や白タクなどの軽犯罪!日本人はターゲットにされやすい

いろいろと調べるうちに楽しみは膨らむものの、同時に湧き上がってくる、もやもやとした不安の数々。

「安全です」と断言できれば嬉しいのですが、先進国のなかでも日本がおそらく一番安全なので不安もあると思います。

海外旅行の治安やトラブル

残念ながら、日本に比べれば海外は不安要素があると言わざるを得ません。

普段とは違う国・違う常識の中にいるのだということを自覚し、油断しないようにしましょう。

油断していると特に被害に遭いやすいのが「盗難」

特に日本人は、盗難やスリのターゲットにされやすいです。

  • 観光地で外国人に写真を頼まれ、英語も苦手で気を取られている間に財布を盗まれた
  • レストランで、自分の背後に荷物を置いたまま話に夢中になっていたらモノが盗まれた
  • 人ごみや通勤ラッシュに紛れている間に、かばんから財布や携帯を盗まれた
  • 「道に迷ったなら案内しましょうか」と声をかけられ、ついていってだまされた

また、昼間は安全な通りでも、夜になると急に治安が悪くなる場所もあります。遅い時間に女性二人で出かけるといったことは控えたほうが賢明です。

また、貴重品は必ず自分の視界に入るように持ち、「肌身離さず」が海外旅行の鉄則です。

人ごみも、慣れないうちは避けたほうが無難です。私も避けています。

不可抗力なトラブルの例

油断していなくても被害に遭いやすいのが、タクシーや飲食店です。

  • 空港についたら「街まで安く乗せるよ。」と言われて乗ったら「違法タクシー」だった
  • 普通のタクシーに乗ったが、遠回りをするなどして法外な値段を請求された。
  • 飲食店で注文してないものが出てきた。「違う」というと、言葉がわからないと言い、さらに別の料理が出てきたり食べていないのに食事代金を請求される

いわゆる「白タク」と呼ばれる違法でタクシー営業をしている悪い人間は、残念ながらどこの国にもいます。

特徴としては、到着ロビー付近で話しかけてくることです。

「安く街まで乗せていく」という誘いは、彼らの常套手段です。空港を出れば必ずタクシー乗り場があるので、そこから乗るのが安全でしょう。

また、飲食店では言葉がわからないのを良いことに必要以上に話しかけてくるケースもあります。

「首を縦に振る」や「yes」などと言えば、余分に料理やドリンクを持ってきて食事代金を請求してきます。(私も昔これに引っかかってしまったことがあります…。)

とはいえ、圧倒的に「いい人」のほうが多いというのが本当のところです。

必要なだけの配慮をして、楽しい旅にしましょう。

海外旅行でのトラブル関連記事

海外旅行がはじめての方におすすめの記事