国際線で海外へ行く時は空港に何時間前に到着するのがオススメ?

結論から言えば、国際線の空港到着は2時間~2時間30分前には到着しておいた方が良いでしょう。

ただしゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの繁忙期は3時間前に到着しておきたいです。

航空会社によって搭乗締切時間に違いがある

ANA(全日空)JAL(日本航空)等の≪国際線≫搭乗締切時間

ANA JAL
チェックイン 60分前(羽田空港は40分前) 60分前
手荷物預け
保安検査場
搭乗口 30分前 30分前

平日、休日関わらず空港の国際線はそこそこ人がいます。ですから、チェックインや保安検査もある程度並ぶことを覚悟して行きましょう。

繁忙期は3時間前に到着でも良いくらいですよ!

国内なら良いですが、国際線で乗り遅れたらシャレになりません。余裕を持って行動しましょう。

筆者はよく中国に行きますが、日にちや時間、平日など関係なくいつも人が多いです

ピーチエアラアイン、バニラエア、春秋航空などのLCCは飛行機の場所が遠いので注意

はじめてLCCに乗る方は空港に3時間前に到着しましょう。

LCCの飛行機は通常とは違うターミナルの発着になります。電車やバスで空港についたら、そこからさらに空港の連絡バスを使い別のターミナルに行くことになります。

待ち時間やバスの場所を調べるのにも時間がいるので、結構余裕を持った方がいいです。

JALやANAですと少しくらい時間に遅れても対応してくれるのですが、LCCは時間にめちゃくちゃ厳しいです。(そのため、安い)

繁忙期ははプラスで1時間程度余裕を持ってください。

空港に早く到着しても困ることはありません!時間が余ったら免税店や空港グルメ&ショッピングを楽しみましょう。

国際線の飛行機に乗るときの流れ

【1】空港到着

電車やバスで空港に到着したら、空港の内部に向かう。

↑この歩く時間で結構かかるので注意。10分は必要。

【2】チェックインカウンターへ

チェックインが必要な方はカウンターへ。

スーツーケースなどの荷物はチェックインカウンターで預けることができます。

最近は端末でチェックインできるのでスムーズですが、やはりカウンターなどに並ぶ時間も考えておいてください。

事前にバーコードリーダー付きの予約券がある方はそのまま保安検査場へ向かいましょう!

【3】保安検査場

手荷物の検査と身体検査があります。危険物、液体物を持ってると没収されますよ!

手持ちの鞄やお土産、ポケットに入っているものや身につけているもの(時計やブーツなども)をトレーに入れて機械に通して怪しいものがないかチェックします。

ノートパソコンがある場合は手荷物とは別のトレーにいれてください。(指示されるので心配しなくても大丈夫です)

【4】出国審査

特別なことをするわけではありません。ただ時間がかかります。

並んで審査のスタッフの前に行って、まずパスポートを提出→顔をチェックして一致してるか見ます。

その後、設置されたミニカメラの方向に顔を向けるよう指示されます。パスポートにスタンプを押してもらい、完了!

【5】飛行機搭乗

出国検査が済んだら、飛行機搭乗のゲートを確認したらお買い物タイム!

キラキラの免税店がたくさんあります。

目安としては20~30分前にはゲートの前にいましょう。成田空港は広いので端から端までは結構距離があります。

まとめ

LCCなどの格安航空券で行く時は、特に時間に注意しておきましょう。

数分の遅れが命取りになることもあります。
  • ANA・JAL等→2時間半前くらいに空港に到着でOK
  • LCC(ピーチやバニラ等)→最低でも2時間半前には空港に着いておくべき

それと、国際線ですと免税ショップがあるので買い物を楽しめますね!上記の時間は買い物の時間や食事の時間は含まれていないので、ショッピングを楽しみたい方は4~5時間前くらいに空港に到着してても良いと思いますよ。

日本の免税店は帰りにはないので、欲しいものがあれば先に購入して海外へそのままもっていくことになります。

「筆者のLCC乗り遅れ事件」の紹介

余談ですが、筆者の時は空港の連絡バスが出発定刻時間から10分遅れて出発し、搭乗時刻にぎりぎり間に合いませんでした。そして置いて行かれました(笑)

LCCに乗り遅れた場合は置いて行かれます。その場合は再びお金を支払い航空券をとりなおすしかありません。

とある女性客がずっとスマホの画面を見ていてバスのドア付近に立っており、ドアが閉まらず、アナウンスしても全く聞いてなかったので、運転手が人ごみの中バスを降りて言いに行く→運転手がまだ運転席に戻ったら女の人がまたドア付近に立ってドアが閉まらない→また言いに行くというのを繰り返したりしてかなり遅れました。

※空港のバスはドア付近に人が立っていると、入り口のドアがしまらないようになっています。

飛行機に乗る前日は夜更かしせず余裕を持って行きましょう!

海外旅行の関連記事

おすすめトラベル情報

ハワイ、グアム、アメリカに行くなら必須

パスポートの準備は大丈夫?

この記事のカテゴリー:
Pocket