海外旅行におすすめのトランクの選び方4ポイント!あまり旅行に行かない人はレンタルもオススメ

 

スーツケースの選び方のポイントは大きく分けて4つ

【1】価格

価格は商品良し悪しを決めるポイントです。1万円を下回るような格安品は、壊れやすいものが多いのでおすすめできません。

高いものが壊れないという保証はありませんが、安物は厳禁です。

最近のものは外見だけはどれも立派に見えますが、安いものはあっという間に壊れます。

というのも、空港でのトランクの扱いは非常に乱暴だからです。

海外の空港は特に乱暴なので、1回の旅行でもれなくボロボロになってしまうことも。

これが2、3万円の価格帯になると、頑丈なものも多くて安心です。4万円以上のものになると素材が高級になりますが、頑丈さはそれほど変わりません。

【2】軽さ

エコノミークラスの受託手荷物で無料なのは、米国・カナダ・メキシコ便の場合32kgまで、欧州・アジア・豪州便の場合20kgまでです。

スーツケース本体が重くなればなるほど、中に詰められる荷物は少なくなってしまいます。

規定の重量をオーバーすると、追加料金が発生してしまいますのでなるべく軽いものを選びましょう。

頑丈で軽いトランクは価格も高くなりますが、スーツケースが海外で壊れて右往左往するより遥かに安く済みます。

【3】丈夫さ

乱暴に扱われることが多いスーツケースは、丈夫なものでないとすぐに新しいものを買うはめになってしまいます。

丈夫かどうかは、使用してみないとわかりらないですが、やはり値段が安いものであればあるほど、被破損率は高くなります。

【4】大きさ

荷物を預ける面倒が省ける機内持ち込みにするのか、なるべく多くの荷物を運べる余裕を持ったサイズにするのかは、自分にあった大きさを選ぶのがベストです。

通常、機内持ち込み可能なスーツケースは縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内(かつ55cm×40cm×25cm以内)が一般的ですので、それに合わせて選びましょう。

オススメのトランク

スーパーライト

[サンコー] SUPER LIGHTS-MG EX スーツケース スーパーライト 軽量 大型 容量92L 縦サイズ74cm 重量4.2kg SMGE-69 エンボスアイボリー | スーツケース

TVで話題となった「サンコー」の超軽量フレームスーツケースシリーズ「SUPER LIGHTS(スーパーライト)」のリニューアルモデル

サンコー鞄の「スーパーライト」は世界最軽量が特徴です。

ソフトケース並みの軽さにも関わらず、マグネシウムフレームの頑丈なボディです。価格は2、3万円台ですが、買って損はないトランクです!

プロテカ

[プロテカ] Proteca 日本製スーツケース レクト 80L 3年保証付き 00542 12 (スカイブルー) | スーツケース

日本の老舗バッグメーカー「エース」のスーツケース。軽くて硬質な合金とボディに使用した軽量性と耐衝撃性に優れた樹脂が特徴です。

日本製の老舗バッグメーカーが作るスーツケース。お値段なんと47,520円…!

高い…高すぎるけど、一生涯使えるような頑丈なスーツケースなので、長く使えるものをお探しの方にはピッタリ。

タビトラ

TABITORA(タビトラ) スーツケース ファスナーレス TSAロック 超軽量 マグネシウムアルミニウム 合金 鏡面 アルミフレーム L シルバー 888 | スーツケース

本体は、強度と耐久性が高い、アルミニウム・マグネシウム合金で作られており、金属製ならではの高級感があります。

静穏、耐久性に優れた8輪独立キャスターは、自由に360度回転し、旋回時や悪路の走行も安定しています!

四角いデザインが特徴的です。

スーツケースには購入の他にレンタルをしている業者もあります。

海外旅行によく行きますという方には購入した方がお得だと思いますが、年に1回行くか行かないかという方には、あの大きなスーツを購入して普段は家に置いておくのでは収納スペースをとられるだけですよね。

そいういった場合レンタルスーツケースを使うメリットがあります。

空港での乱暴な扱いによってスーツケースは外は削られボコボコになります。言わばスーツケースは究極の消耗品。

安いスーツケースは破損の確率も高くなってくるので賢いスーツケース選びをしましょう!