マンガでわかるマイルの使い方。何と交換するのがおすすめ?

1

2

3

4

マイルは使い方によって価値が変わる

マイルは使い道で価値が変わります。

  • ギフト券と交換(1マイル=1円)
  • 国内の航空券と交換(1マイル=2円
  • 海外行きの航空券と交換(1マイル=3円~5円

貯まったマイルを交換したい!でも、マイルで交換できる「特典航空券が取れない…」ということが実は結構あるんです。1つの飛行機にはマイルで交換できる席に限りがあるんですね。

というのも…ほとんどの方がANAマイルを貯めているからです。

ANAはさまざまなサイトや会社と提携していて、飛行機を乗らなくてもマイルを貯める方法がたくさんあります。そのためマイルで交換できる航空券があまり取得できない傾向にあります。

2017年6月現在クレジットカードのショッピングでマイルを貯める方なら、ANAマイルよりJALマイルを貯める方がオススメです!
JALマイルの方が、ANAマイルより特典航空券のライバルが少ない状態なんです!

貯まったマイルは何と交換できるの?

  • 航空券(国内線)6,000マイル~
  • 航空券(国際線)12,000マイル~
  • 航空券の座席アップグレード
  • 航空会社の商品
  • 他のポイントへの移行
  • 商品券やギフト券、電子マネーなど
  • グルメやお菓子、お取り寄せフードなど

飛行機にタダで乗れるチケットはもちろん、座席のアップグレード(例:エコノミー⇒ビジネス⇒ファースト)ができたり、商品券やグルメ、日用品などと交換できます。

航空券以外の場合は1マイル=約1円の価値になってしまいます。なので、多くの方は特典航空券と交換しています!浮いた飛行機代を別のところで使えばいいということですね。

とはいえ…マイルを貯めている方が多いため、好きな日程の航空チケットはいつでも交換できにくくなっていますが。1ヵ月前からの予約がオススメです。

おすすめはJALの「どこかにマイル」サービス

JALのマイルで交換できる「どこかにマイル」という特典がおすすめです!というのも、6,000マイルで日本のどこかへの往復航空券と交換できるからです。それが沖縄や北海道であっても往復6,000マイル。

「どこかに」というサービスの性質上、行き先はランダムですが、6,000マイルで飛行機のチケットを交換できるのはかなりお得で、この特典を使えばマイルの価値は1マイル4円ほどになるのでおすすめしたいです。

ちなみに筆者もも実際にこのサービスを利用して6,000マイルで福岡県までの飛行機チケットと交換したことがあります。しかし、比較的新しいサービスのため現在はまだ「伊丹空港(大阪)」と「羽田空港(東京)」から出発する便しか使えません。

将来的にはサービス規模が拡大され、他の空港からも利用できたり国際線も使えるようになるかもしれません。

マイルの使い方を考えると貯めるモチベーションもアップする!

無料空港券に換えて旅行に行く!といった1つの目標があると、マイルを貯めるモチベーションもアップします。

憧れの提携ホテルでの割引やリゾートで無料宿泊に使うこともできるので、ぜひ模索してお得な使い方をしてみてくださいね!

シンプルに貯めてシンプルに使うのが一番わかりやすい!そんな内容を目指して当サイトもマイルに関して紹介しています。

「マンガでわかるマイル」シリーズ!マイルについて知ろう

海外旅行がはじめての方におすすめの記事