どこかノスタルジーを感じる鉄道の旅。その魅力とは?

日本だけでなく世界中で長く愛されてきた鉄道の旅。飛行機や自動車など様々な移動手段が出てきた今でも、その魅力は色褪せることがありません。

車窓からの風景、駅弁など、鉄道だからこそ楽しめる旅の要素は盛りだくさん。窓の外を流れていく景色やおしゃべりを楽しみながら、地元の食を駅弁で味わうゆったりとした時間。鉄道の旅は、日本の風景に心癒される特別なひと時を私たちに提供してくれます。

一言で「鉄道」といっても、新幹線や特急、鈍行列車など列車の種類は様々です。時間に余裕があるのなら、鈍行列車の旅もよいでしょう。

車窓からの風景をしっかり楽しむコツ

座席が中央の通路側を向くロングシートではなく、進行方向やその反対を向いているクロスシートを選ぶのがおすすめ。中にはそういった車両の違いを調べているうちに、鉄道の仕組みや列車そのものに興味を持ち始める人もいるようです。
さらに、地域に密着した移動手段である鉄道では、乗り合わせた地元の乗客と触れ合う機会も出てきます。
直接言葉を交わすことはなくとも、耳を澄ませば聞こえてくるその地域の方言や話題などに、旅気分もきっとますます盛り上がることでしょう。

乗車に飽きたら、途中下車をして、駅前を散策するのも一興です。

ローカル線であっても、駅前には昔ながらの商店街が残っていることが少なくありません。地元ならではの雰囲気を楽しみ、お店を回ってみるのもきっと面白い体験になるはずです。

また、今では数こそ減りましたが、寝台列車での旅も一部で根強い人気を誇っています。ゆっくり体を横たえることができる個室寝台車や豪華な食事が楽しめる食堂車、ロビー車などが連結した寝台車は、さながら動くホテルのよう。夜には列車の規則正しい揺れが、乗る人を心地よく眠りへと誘ってくれます。

他にも鉄道の魅力は、天気や道路状況などに殆ど左右されることなく、定刻通りに目的地へと運んでくれること。スケジュールの立てやすさも、目的地がはっきり決まっている場合には嬉しいところですね。

長く日本の主な移動手段だった鉄道は、有名な観光地だけではなく、日常の生活に根ざした場所へ私たち乗客を運んでくれます。それは他の交通手段と異なり、人や風景、食べ物など、予想外の出会いを私たちにもたらしてくれるのではないでしょうか。

青春18きっぷのような乗り放題切符や観光施設の入場券がセットになったものなど、鉄道をお得に楽しむ切符も多く発売されています。

関連記事:東欧は地続きなので、旅行するなら鉄道がオススメ

この記事のカテゴリー:
Pocket