ベトナム ~歴史と文化の街ハノイとホアンキエム湖の伝説~

ベトナムの有名な都市、ホーチミンからハノイまでは国内線で約2時間

ホーチミンからはかなり北上するので、気候も雰囲気もガラリと変わります。

ホーチミンはタイに雰囲気が似ていて、まさに「東南アジア!」と言った印象ですが、ハノイは中国の方が近いので、どちらかと言えば中国の影響が強く残っているそうです。

気候もハノイの方がホーチミンに比べてだいぶ涼しいです。

ホーチミンが商業都市だったのに比べて、ハノイは歴史と文化の街です。日本で例えると、東京と京都のような違いでしょうか。

ハノイの旧市街をぶらりと散策してみると、街路樹が植えられた緑豊かな通りの両サイドに、露店や商店が並んでいます。

バッグや靴の他にも竹細工ばかりを売っている専門店や、ヤカンなどが並べられたいかにも金物屋というお店もあって、見ているだけでも面白い商店街が沢山ありました。

ホアンキエム湖はハノイに住む人々の憩いの場

写真は亀の塔といい、湖の中心に建っていて色々な伝説が残っており、その伝説の物語は水上人形劇で見れるそうです。

水上人形劇の劇場に着くと、公演のスケジュール表が出ていて、次の公演がちょうど10分後でした。早速チケットを買い、開園を待ちます。

個性的な人形たちが、音楽に合わせてコミカルに動いたり、踊っていてとても感動しました。

1話あたりが3~5分のショートストーリー仕立てで、見ていて飽きないので、ベトナム語が分からなくても問題なく楽しむことができます。

この記事のカテゴリー:
Pocket