【アメリカ】~ミシガン州でローカルならではの旅を!~

 ミシガン州といえばデトロイトが有名です。財政破綻のニュースですっかり治安の悪いイメージがついてしまいましたがデトロイトはもちろん、ここでしか体験できないものもまだまたたくさんあります。

まずは話題のデトロイト。ニュースでは荒廃した街ばかりが映っていますが、そんなところだけではありません。この街はMLBの強豪チーム「デトロイトタイガース」の本拠地なんです。何と1901年創立の歴史ある球団で、かつてはあの野茂英雄投手などが所属していました。2012年はリーグ優勝もしているという名門です。

普段は人気のない寂しい街も、タイガースの試合がある日は遠くからファンがやってきて街は大渋滞です。

みんなタイガースグッズに身を包み、熱くもお祭りのような賑やかなムードで居るだけで楽しいです。野球の本場MLBはスタジアムも素晴らしく、プレーも迫力があります。

試合のないときにはバックステージツアーもやっているので、そちらに参加してみてもいいでしょう。

ミシガンの湖のあちこちで見られる「フライングジェットボード」

両足に装着した装置から勢い良く水を噴射して宙に浮く、映画に出てきそうなアクティビティです。
最近では日本のテレビやCMでも良く見かけるようになりましたが、アメリカでは盛んに行われています。

難しそうに見えますが、1時間ほど練習すると浮かべるようになるそうで、1時間100ドルほどの体験レッスンが人気です。

プロの方は飛び跳ねたり、ぐるぐると回転したりとアクロバティックな技をやっています。

湖は大きな波が立たないので、初心者が練習するのにはいい環境なのかもしれません。

 

1年中クリスマス気分を味わえる「BRONNER’S CHRISTMAS WONDERLAND」

ここはその名の通りクリスマス用品だけを扱っている、なんともアメリカらしいお店です。

29,700平米もの建物に、大小さまざまなツリーはもちろん、6000種類以上ものオーナメント、電飾、サンタクロースやトナカイの置物など、クリスマスにまつわるものなら何でもそろいます。

オーナメントは自分の名前を無料で名入れしてくれるサービスもあったりして、お土産にも最適です。

近くにはフランケンムースというドイツ移民の多い街があり、ドイツ風の建物やレストラン、ホテルなどで賑わっていてこのBRONNER’Sと合わせて観光に訪れる人が多いです。

日本では中々手に入らないクリスマスグッズがたくさんありますのでお勧めです。

どれもアメリカならではのアクティビティやお店で、貴重な体験ができると思います。ミシガンを訪れた際にはぜひ遊びに行ってみてくださいね。

この記事のカテゴリー:
Pocket