海外旅行ではWi-Fiルーター・携帯電話をレンタルしてパケット死を回避しよう!

スマホ(スマートフォン)って、凄く便利ですよね。

ただ、あまりにも便利すぎるものには多くの罠が存在します。海外で携帯電話を使う場合、たった数秒の通話や何通かのメールでもとんでもない驚愕の値段を請求される場合があります。
「そんなに使わないし大丈夫だろう。」と思っているあなた!危ないですよ。

スマホを持っていれば、気になる事があれば調べものができるし、道がわからなければ地図も出るし、用事があればメールも送れるし、ボタンを押せば買い物までできる!その上、小さくて軽い。この便利さを海外旅行に持ち込めれば、旅はグッと便利に、楽に、安全になると思いませんか?

それを可能にするのがWifiルーター・携帯電話レンタルサービスです。これがあれば海外でもネットにつながり、いつもの感覚でスマホが使えます。

こうしたニーズはスマホの普及と共に増えているため、空港でのWifiルーターレンタルサービスも充実してきました。わざわざWifiルーターを買う必要がない便利なサービスです。

成田空港にはテレコムスクエア、グローバルWiFi、グローバルデータ、エコムなどの業者のカウンターがあります。

在庫も限りがあるので、事前にネットで申し込んでおいて空港で受け取るのが確実です。

サービス内容はどこもほとんど同じですが、サポートが充実していると好評なのはテレコムスクエアです。

携帯電話のように使った分だけ料金がかかるのではなく、レンタルした日数で料金が決まります。
だから、料金を気にせずバシバシ使いましょう。一般的に同時に5台まで接続できるので、同行者がいる場合はお得です。

レンタル携帯&Wifiルーターの使い方は無限にある

SkypeLINEのようなアプリを入れておけば、日本にいる家族と無料通話ができるので、安否確認や連絡が手軽に行えます。
また、GPS機能をオンにしてGoogleマップを使えば、目的地までナビゲートしてくれます。地図がなくても目的地に辿り着けるので、これも画期的です。

町を歩いていて立派なお城を見つけたら、いつ頃建てられたものか検索して調べることができます。ガイドいらずですね!さらに、そのお城の写真をスマホのカメラで撮影してFacebookにアップすれば、現地から友人たちに旅行のレポートができます。
そして、新しい目的地でまだホテルが決まっていなかったら、ネットから予約もできます。

スマホがなかった数年前まで、以上のことをしようとしたら大変な労力と費用を必要としていました。

日本にいる家族に電話するときは国際電話、地図を片手に不慣れな英語で道を聞きながら目的地を目指し、立派なお城があってもガイドブックに載ってないので、詳細はわからない。
カメラで撮影しても友人に見せるのは帰国してからで、ホテルを取ってない時は、またまた不慣れな英語で予約をしていました。

これが当たり前だったことも、数年後には過去の話になっているかもしれません。まさに、スマホ&Wifiルーターが海外旅行に“革命”を起こしたといえます。とはいえ、まだまだWifiの範囲外の方が広いでしょうから、ガイドブックも安全対策もこれまで通りにした方がベストです。

この記事のカテゴリー:
Pocket