台湾は治安が良いので、初めての1人旅にオススメ

どうしても旅行にいきたいけれど、お金も時間もない。でもやっぱりどこかにいきたい!そこで私が頼りにしたのが、関西空港を起点にフライトを就航しているピーチアビエーション(以下、Peach)でした。

国内なら札幌か沖縄、石垣か迷いました。Peachのすごい所は、日程によっては各種手数料混み往復2万円で台湾までいけてしまう所です。

予定が空いている日程で往復27000円のフライトが確保できたので日本語が飛び交っていない外国にいってリフレッシュだ!ということで台湾1泊2日旅を敢行しました。

以下が実際の時間です。

前日

23時:関西空港入り。24時間営業の空港なので空港で野宿可能。(梅田を3時ころ出発するバスもあります)
05時:周囲の野宿組も起き出す。シャトルバスで第二ターミナルへ移動。
06時:飛行機チェックイン
07時:台北へ向けて出発
09時:台北空港到着。早朝便のため入国審査場もがらがら。なんと20分で空港脱出。
10時半:バスと台湾新幹線を乗り継ぎ台北駅に到着。

ここから地下鉄で移動できる範囲を自由に遊びました。宿は台北駅から地下鉄で2駅の所に8,000円で予約しました。

翌日

15時:台北駅から新幹線とバスで空港へ
16時:空港へ到着して16:30頃のチェックインを待つ。
18時:フライトのゲートへ。
22時:飛行機が関空第二ターミナルのゲートへ到着。
22時30頃には鉄道の関西空港駅へ。

1泊2日で確保できた自由時間は30時間でした。台北は、朝には朝市がたち夜には夜市が立つうえに商店なども遅くまで営業しています。

台北市内、地下鉄が走っているエリアであれば、これだけあれば博物館や寺院、市場での食べ歩きも含めて十分満喫することができます。

台湾・台北は日本からとてもアクセスしやすい都市ですが、旅の気軽さに相応しくない異国の雰囲気を感じられる場所であると感じます。

はじめに一人旅をするとしたら私は台湾おオススメしますが、どういった点からそう思うかを書いてみたいと思います。

・旅行者が多いので事前にいろいろと調べられる
いろいろなサイトで過去に一人旅をした人の体験記を見て調べものをすることができます。台北市内だけに範囲を絞ったお洒落な旅行ガイドブックも多数出版されています。

・短期間でOK
一人旅をすると途中でだんだん寂しくなってしまうことがあります。遠くに出掛けると、帰るまでの時間が長いですが、台湾なら2泊3日くらいのプチ一人旅体験ができます。

・店員さんが日本人慣れしている
小さなホテルのフロントの人も日本語が喋れることがあります。ガイドブックに載っているようなお店なら、小さな店でも日本語メニューが置いてあることも多いです。ちょっと間違えて面白い日本語になっていることが多いですが、意味が分かれば問題ないので気にしません。

・台北市がコンパクトで回りやすい
 台北市内であれば地下鉄で便利にめぐることができ、北端の淡水駅まで約45分、南端の動物園駅まで
約40分で行くことができます。バスに乗るのが怖いという人や、遠出すると不安だという人でも、手の届く範囲で旅を楽しむことができます。

・夜遅くまで街が明るい
台北はやはり中心都市なので、市街地は夜遅くまで明るく人通りも多いです。宿が少し駅から離れていたとしても、大きめの通り沿いや、大通りから細い道1、2本入る程度のところであれば夜市を楽しんだあとにホテルに戻るのにもあまり不安はありません。台北付近ならコンビニも多数ありますから、困った時の買い物にも便利です。

安心感があるなかでも、街にあふれる漢字や食べ物の匂いで十分に海外であることを認識できる街、台北。リピーター続出のこの国に、ちょっと冒険しに行ってみませんか。

この記事のカテゴリー:
Pocket