ハンガリー ~ドナウの真珠・ブダペスト~

すぐお隣にメジャーな観光地オーストリアがあるのに何故か日本人は余り訪れないハンガリー。かつてハプスブルク家が二重帝国を築いていただけあって、この国でもその歴史の片鱗を十分垣間見る事が出来ます。

観光名所に行くにもメトロが非常に使い易く夜にはドナウ川沿いを走るメトロでライトアップされた王宮を見る事も出来ます。

昼間の観光で過去の雰囲気を味わいつつドキドキ出来たアトラクションは何と言っても王宮地下迷路です。

ランプしか灯っておらず内部も複雑な為一人で入ると少し怖いのですが、ヨーロッパのお城には地下道が付き物、その内部を覗ける最高の観光名所です。

メジャーな観光地や既に王政ではない国はこのお城の地下からのびる地下道を塞いでしまって見る事が出来ない場合が多いので貴重な体験が出来る場所だとも言えます。勿論王宮そのものも美しく、その巨大さには思わず目を奪われます。

とにかく見る場所の多い都市ですのでメトロのチケットは一日券がお薦めです。と言うのも、一回券だと安いのですが乗り換えの度にチケットが必要になり結局は回数券の方が楽と言う事になり兼ねませんし、乗り換えポイントでチケットのパンチを忘れると最悪の場合罰金が科せられます。

先に書いたドナウ川沿いのメトロも一日券なら乗り放題なので、そのまま行ったり来たりして夜景を楽しむのも良いです。

川沿いに船が停泊したような形のレストランもありここで一杯やりながら川向こうの王宮を望むのも豪華な気分になれて素敵です。

他より少し高めですが、飲み物だけでも大丈夫なので夕食は別の所で取って食後の一杯をこの船上レストランでと言うのがちょうど良いかも知れません。

それなりに混みますが閉店の一時間前位だと人も少なくなって来ており待たずに座れる可能性が高いです。閉店までいると宿泊している場所によってはメトロの終電ギリギリになる事もありますので帰りのメトロの時間はしっかり確認しておくようにしましょう。

周辺諸国の民族と違うマジャル人である事を誇りに思い良いイメージを持って貰いたいと言う意識の高い国民性からか、観光客には優しくユースホステルのような宿泊場所でもまるで家族のように扱ってくれるので安心出来ます。

私など夜遊びが過ぎて、帰って来ないから心配して眠れなかったと言われてしまった程です。まるで外国に新しい家族が出来たようで温かい気持ちで旅をする事の出来た国でした。

この記事のカテゴリー:
Pocket