周囲の風景を楽しみながらマイペースにできる自転車旅の魅力

趣味と体力づくりを兼ねられる自転車は、今や性別年齢を問わず人気を集めるスポーツのひとつ

風を切って自分の力だけで走る心地よさは、他の趣味ではなかなか味わえないものです

そこで今回は、そんな自転車を使った旅の楽しさをご紹介します!

自転車を使った旅の魅力といえば、駐車場が無かったり道幅が狭かったりと車では何かと不便な場所にも、徒歩感覚で気軽に立ち寄れること。周囲の風景を楽しみながら、自分のペースで気軽に旅を進めることができます。

「だけど自転車だと、そんなに遠くまでは行けないんじゃ?」という不安のある人もいるでしょうが、そんな心配はご無用です!

スポーツ用の自転車に乗り慣れた人であれば、1日でなんと100km以上走ることも珍しくありません。使用する自転車は、ホームセンターで売っているようなママチャリでも無理ではありませんが、しっかり走るならやはりスポーツタイプを使いたいもの。

初心者や街中を走りたい人にはクロスバイク、長距離を走りたいならロードバイク、未舗装道路や山道を走りたい場合はマウンテンバイクがおすすめです。
相性もあるので、自転車屋さんで一度試乗をしてから購入するとよいでしょう。

自転車での移動に際しては、もちろん自転車だけで行ける範囲に限ってもかまいませんが、電車やフェリーなどの公共交通機関を利用することも可能です。

自転車を分解して袋に入れることを「輪行」と呼びますが、この輪行を行うことで、電車にも手回り品として自転車を持ち込むことができるのです。

大型のフェリーであれば、分解することなくそのまま運び込んで目的地まで行けることも。
そうすれば、自転車で行ける範囲はいっきに広がり、旅はますます楽しいものになること間違いありません。

また、携行品の少なさも、自転車で行く旅の特長です

日帰りであれば、飲料や財布、地図や携帯電話など最小限のものを小さなリュックに入れて持っていくだけで十分です。
泊りがけの場合は、特にキャンプなど行わず宿泊施設に泊まるのであれば、自転車の修理工具を追加するくらいでよいでしょう。
もちろん行き先や旅程によって必要なものは変わってくるので、経験者に相談することもおすすめです。

そんな自転車の旅を進める上で一番大切なのは、とにかく好奇心を持ち続けること。

自動車や電話ではうっかり見逃してしまう景色も、自転車なら目を止めることができ、気が向けば簡単に立ち寄ることもできてしまいます。
少し意識して好奇心のアンテナを立てておくだけで、新たな出会いや体験を簡単に手に入れることができる自転車での旅行。
他の交通機関に比べ、費用を抑えられることも嬉しいですね。

ぜひ自分の足で自転車を漕いで、新たな旅の楽しさと達成感を感じ取ってみてください!

この記事のカテゴリー:
Pocket