トラベル英会話④~海外での交通機関の利用方法&英会話集~

旅行先では交通機関で観光地を移動することになりますが、システムも日本とは少し違う部分も。
今回は交通機関を利用する際に便利な英会話と利用方法についてご紹介します。

主要交通機関の利用方法

大きな都市では観光に便利なバス、地下鉄等で使える1日乗り放題チケットがあることが多いです。お得ですし、小銭の用意の手間が減るので、ぜひ積極的に利用しましょう!

電車の乗り方

駅の自動券売機、または窓口の係員からチケットを購入しましょう。

駅ではクレジットカードが使用できないケースも多いので、現金を用意しておきましょう。

チケットは乗車の際に自動改札機に入れるとそのまま出てきませんので、そのまま電車にのり、降車の際も出口改札でバーを動かすだけで出ることができます。

バスの乗り方

バスは前方の入り口から乗車し、最初に運転手さんの横にある支払機に運賃を入れます。

運賃はほとんどで全区間一律となっています。乗り換えが必要な場合は乗車の際に運転手さんに乗り換えチケットを貰います。
おつりが出ないケースがほとんどなので、小銭を大目に用意しておきましょう。

タクシーの乗り方

日本と同様、街に止まっているタクシーや走っているタクシーを手を挙げてつかまえます。

ホテルにタクシーを呼びたい時は、フロントかコンシェルジュにお願いするようにしましょう。その際はチップを忘れずに。
タクシーの支払いはクレジットカードでも可能です。運賃にチップを上乗せした金額を支払いましょう。

移動の時に使える英会話

駅で

あなた:Hi.Can I have a 1-day pass?
    「こんにちは。1日乗り放題券が欲しいのですが」

窓口:How many?
    「いくつ必要ですか」

あなた:Two adults,please.
    「おとな2名です」

窓口:Total is $●.We accept cash only.
    「合計●ドルです。支払いは現金のみです」

あなた:Here you are.Thanks.
    「これでお願いします。ありがとう」

バスで

あなた:Hello.Transfer ticket,please.
    「こんにちは。乗り換え券をください」

運転手:Here you are.
       「はいどうぞ」
–降車したいバス停が近づいてきたら窓際や頭上にある紐を引っ張って降車ブザーを鳴らします–

あなた:Thank you.
    「(降車しながら)どうもありがとう」

タクシーで

–ホテルなどでタクシーを手配–

あなた:Can you call a taxi for me?
    「タクシーを呼んでいただけますか?」

コンシェルジュ:★Certainly,Sir/Ma’am.★
        「かしこまりました。お客様」

–タクシー到着–

あなた:Can you take me to ●●?
     「●●へお願いします」

運転手:Sure.
     「わかりました」

あなた:Here’s fine./Please stop at the corner of ●●.
     「ここで結構です。/●●の角で停めてください」
    Can I pay by credit card?
     「クレジットカードで支払いできますか?」

運転手:OK.
     「大丈夫です。」

道を尋ねるときの主な英会話

あなた:Could you tell me how to get to ●●?
    「●●へ行くにはどうすればいいですか?」

相手:Take a northbound train on the ●● line.
    「●●線の上り方面の電車に乗ってください」
    And chenge at ●● station to ○○ line.
    「そして●●駅で○○線に乗り換えてください」
    It’s the 2nd stop after ○○ station.
    「○○駅を過ぎて2番目の駅です」

あなた:How long does it take to there?
     「そこまでどれくらいかかりますか?」

相手:I think it’s about 15 minutes.
    「だいたい15分くらいですね」

あなた:Thanks.
     「どうもありがとう。」

アメリカ人がよく使う表現

Sir/Ma’am

男性に対してSir、女性に対してMa’amを使用します。男性、女性に対する丁寧語の一つです。
日常会話で使われることは余りありませんが、ホテルマンやデパートの店員、目上の人と話す際など、少しかしこまった場で使われることが多いです。

この記事のカテゴリー:
Pocket