トラベル英会話⑦~気軽な食事やちょっとした休憩で使えるフレーズ~

旅行先での気軽な食事やちょっとした休憩の時に、ファーストフード店やチェーンのコーヒーショップなどで使えるフレーズ

ここでも日本では聞きなれないフレーズや言葉を良く聞きますので、オーダーの際に役立つ英会話・表現を勉強しておきましょう!

店員:Hello.May I help you?
   「こんにちは。いらっしゃいませ。」

あなた:Hi.★Can I get a cheeseburger with meal/combo.★
    「こんにちは。チーズバーガーをセットでお願いします」

店員:What would you like to drink?
   「お飲み物は何になさいますか?」

あなた:Coffee,please.
    「コーヒーをください」

店員:What size?
   「サイズはどうしますか?」

あなた:Medium size.
    「Mサイズで」

店員:★Regular or decaffeinated?★
  「レギュラーですか?デカフェですか?」

あなた:Regular,please.
    「レギュラーでお願いします。」
   ★Are refills free?★
    「おかわりは自由ですか?」

店員:Yes,they are.Anything else for you?
   「はい。自由です。他にご注文はありますか?」

あなた:No,that’s all.
    「いいえ。以上です」

店員:★For here or To go?★
   「店内でお召し上がりですか?持ち帰りですか?」

あなた:For here.
    「店内で食べます。」

店員:Ok.Your total is $○○.
   「わかりました。合計○○ドルです。」

あなた:Here you are.
    「これでお願いします」

店員:Thanks.Enjoy your meal.
   「ありがとうございます。ごゆっくりどうぞ」

アメリカ人がよく使う表現

・~with meal/combo.

日本語でいうと「~セット」にあたります。メインのハンバーカーなどにポテトやドリンクなどをつける場合、

with mealまたはcomboと注文します。setと注文しても通じない場合があるのでご注意ください。

・Regular or decaffeinated?

主にコーヒーを注文したときに聞かれます。decaffeinatedとはカフェインレスのことを指します。
略してDECAFということもあります。

アメリカではごく一般的に普及しており、コーヒーだけでなく紅茶やコーラなどにもあります。

・Are refills free?

refill freeは「おかわり自由」のことを指します。ソフトドリンクはファーストフードだけでなく、レストランなどでもおかわり自由のお店が一般的です。

レジではコップだけ渡されて、店内のマシーンで自分で好きなものを注ぐこともよくあります。

・For here or to go?

意味は「店内で食べますか?持ち帰りしますか?」です。ファーストフードやコーヒーショップなど、持ち帰りのできるお店で聞かれます。
日本だと持ち帰りは「テイクアウト」といいますが、これに該当する英語がTo goです。日本人には聞きなれない言葉ですが、

take outとは言わないので気をつけましょう。

この記事のカテゴリー:
Pocket