オリンピックで沸いたロンドン旅行記

2012年夏、オリンピック開催中にロンドンを訪れた筆者の訪問記です。

まずは絶対行きたいと思っていたスポット「キングス・クロス駅」を訪れました。ここは映画「ハリーポッター」シリーズで主人公のハリーがボグワーツ魔法学校に出発した駅なんです。

ロンドン中心部から程近い場所にあり、4つの鉄道会社が乗り入れる大きなターミナルです。1852年に開業した駅ということで、石造りの重厚なつくりがとても素敵な雰囲気です。

映画ではハリーは駅の壁に入って「9と3/4番線」から列車に乗り込みましたが、この駅の改札の外にちゃんと撮影スポットがあります。

壁の中からはハリーと同じようにちょっとだけカートが覗いていて、実際に写真撮影も可能です。

ハリーポッターファンにはたまらないスポットですよ!

ロンドン市民の重要な交通路であり人気の観光地でもある「タワーブリッジ」

ここはロンドン市内を流れているテムズ川に架かっている橋で、両岸石造りのタワーが建っていて、
内部は展望通路、博物館になっています。

また海運のために1日数回開く跳ね橋としても有名で、開閉に合わせて見学する人も多いです。

デザインはロンドンの景観を損なわないことを重視して造られたとあって、建造物のような落ち着いたデザインでとてもオシャレです。

私が訪れた時はオリンピック期間中だったので、橋の上に五輪マークが掲げられていました。

よくテレビでも放映されていましたよね!

ロンドンを一望できるお勧めアトラクション「ロンドンアイ」

直径が135mという超巨大な、観覧車で、楕円形の乗り物1つに28人も乗れる個性的なものです。景色がはっきりと見渡せる昼もいいですが、私は夜に乗るのをお勧めします。

夜にはロンドンアイ自身も周囲の公園もライトアップされ、とても美しいです。

もちろんロンドンの夜景もとても見応えがあります。

私が乗ったときには、横を流れるテムズ川に五輪マークが浮かび、目の前のビッグベンの壁面にオリンピックのドラマチックな映像が映し出されていてそれもとても素敵でした。

オリンピック開催中だったため、街中はところどころ普段と違う場所があったようですが、街の人は皆親切で道の分かりやすく観光しやすい街でした。

また世界中から集まった人々は本当に楽しそうに競技を応援していて、国全体が正にお祭り騒ぎで幸せな空気に包まれていました。現在もロイヤルベビーの誕生で盛り上がっているロンドンへ旅をしてみてはいかがでしょう。

この記事のカテゴリー:
Pocket