ここは本当に地球?この世のものとは思えない幻想的な砂漠7選

【1】サハラ砂漠 - アフリカ大陸北部

世界最大の砂漠。サハラ砂漠を直訳すると、「砂漠砂漠」となります。(チゲ鍋みたいな感じです

まるで永遠に続くかのように広がった広大な砂漠は、人間の小ささ、自然の広大さをダイレクトに感じることができます。

【2】ゴビ砂漠 - 中国 モンゴル自治区

中国北西部からモンゴルにかけて広がるゴビ砂漠は、世界で4番目に大きいとされる砂漠。かつてはシルクロードの拠点都市が存在していた。

日本で見る黄砂は、風や気流で運ばれたゴビ砂漠の砂だそうです。

ゴビ砂漠にはオアシスも存在します!

【3】ホワイトサンズ - アメリカ合衆国ニューメキシコ州

アメリカの国定記念物にもなっている「ホワイト・サンズ」。名前と見た目でわかる通り、真っ白な砂漠です!普通の砂漠の砂が「石英」を主成分としているのに対し、ホワイト・サンズの砂は「石膏」

石膏は太陽の光を吸収せず、反射するため素足でも歩けるそうです!

【4】ナミブ砂漠 - ナミビア大西洋

歴史上もっとも古い砂漠ともされているこの真っ赤な砂漠は、世界遺産にも登録されています。

ナミブ砂漠の色が赤いのは、実は鉄分の色。川から流れ出した砂が風によって砂岩になる時に鉄分が付着し酸化するため赤くなるそうです!

【5】ワカチナ砂漠 - ペルー

ペルー南部の奥地にある「ワカチナ」は秘境ともいえます。湖を囲むその美しい街は砂漠のオアシスと言う言葉がふさわしいです!

なんでも、湖には人魚にまつわる伝説があるとか。

【6】鳥取砂丘(とっとりさきゅう) - 日本

国内で唯一味わうことのできる砂漠!
日本海海岸に面した、ここ日本にある「鳥取砂丘」は国の天然記念物に指定されています。

ちなみに鳥取砂丘ではラクダに乗ることができます。1人1,300円!おそらく日本で乗れるのはここだけでしょう。

【7】コールマンスコップ - ナミビア南部

絶景かどうかにはやや疑問が浮かびますが、砂漠に埋もれたゴーストタウン「コールマンスコップ」も中々見どころがあります。

1900年頃この地域でダイヤモンドが発見されて大きく発展した砂漠のオアシスでしたが、のちにダイヤモンドの価格が暴落したことにより衰退、そしてゴーストタウンとなりました。

世界で最も美しいゴーストタウンともよばれます。

この記事のカテゴリー:
Pocket