海外旅行保険は必要?クレジットカードで十分?マンガでわかる傷害保険

1

2

3

4

5

6

7

海外旅行保険、実は加入しないと万が一の時ヤバイ

何かあってからでは遅いので、「自分は大丈夫」という思い込みは非常に危険です。

海外では思わぬトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いです。今まで大丈夫だったから大丈夫、という意見もありますが…何かあったときでは遅いですよね。

たとえば貴重品を盗まれてしまったり、慣れない土地や食事・水で体調を崩してしまったり、こういったトラブルが海外では多いです。

海外では「治療費」の請求がとても高い

もし旅行先で、自分や家族・友達が病気になったり事故にあった場合、まず救急車を呼びますよね?

しかし、海外では救急車を呼んだ時点でお金がかかります。

ちなみにアメリカ、ニューヨークの場合ですと救急車は有料で600ドル(日本円約67,000円)かかります。(参考:外務省 世界の医療事情

また、医療費も基本的には日本の何十倍もかかると考えてください。もちろん病気や事故の種類によります。特に医療費が高いのは、米国です。

入院した場合は室料だけで1日数千ドルの請求を受けます。また、治療費は診察料、施設利用料、血液検査代、画像検査代、薬品代などとそれぞれ別個に請求されるので注意する必要があります。(参考:外務省 世界の医療事情

ニューヨーク市の医療費(参考:外務省 世界の医療事情
一般の初診料 150ドル~300ドル(約2~4万円)
専門医を受診 200ドル~500ドル(約3万~6万円)
急性虫垂炎で入院し手術後腹膜炎を併発したケース(8日入院) 7万ドル(約789万円)
上腕骨骨折で入院手術(1日入院) 1万5千ドル(約169万円)
貧血による入院(2日入院、保存療法施行) 2万ドル(約225万円)
自然気胸のドレナージ処置(6日入院、手術無し) 8万ドル(約902万円)

ぶっとびすぎてますね!万が一のためにも海外旅行保険は必須でしょう。

アジア諸国はアメリカに比べるとかなり安めですが、それでも日本の医療費よりかなり高いです!

もし!万が一!何か起きてしまったら・・・あなたはどうしますか?

海外旅行保険はこんなお金を補償してくれる!

  • 旅行中のケガや病気の治療費
  • 後遺症が残ったり死亡したとき
  • 旅行中に誤って他人にケガを負わせてしまった時の費用
  • お店の物を壊してしまった場合の費用
  • 旅行先で入院した際、家族が現地に駆けつけた場合の費用
  • 所持品が盗まれたり壊れたりした場合の損害額
  • 手荷物の到着が遅れ、身の回り品を購入した場合の費用
  • 航空機が遅れて宿泊代や食事代などを自己負担した場合の費用

海外旅行保険に加入した保険会社と提携している病院で治療を受けた場合、治療費を立て替えることなく治療が受けられるキャッシュレスサービスもあります!

海外旅行保険の申請に必要な手続き

【1】事故・怪我・病気など状況や金額について連絡

海外旅行保険に加入した保険会社や代理店に連絡。クレジットカードの自動付帯保険だった場合はクレジットカード会社へ連絡。

事故の場合は警察にも連絡しましょう。

【2】書類の記入と提出

基本的には医療費などはご自身で先払いすることになります。その際、医者からの診断書や医療費の領収書はとっておき、後から提出します。

事故の場合は事故証明書などをもらいましょう。

【3】一定の期間がたったのち保険金を受取る

本人の指定した銀行口座で保険金を受取ることができます。保険の種類や内容によって、受取る期間にバラつきがあります。

海外旅行保険に加入する方法5つ

  1. 保険会社に直接出向いて加入
    ネットで評判や口コミを聞いてから保険会社を選びましょう!有名な保険会社が必ずしも良いとは限りません。
  2. 旅行会社に加入してもらう
    手間がかからないので楽です。補償内容が薄くても確認されないので、ある意味危険です。
  3. 保険会社のHPを利用してオンライン加入する
    ネットでじっくりと補償内容を読めるので、一番自分に合っている保険に加入することができます。
  4. 空港にある保険会社のカウンターで加入する
    空港カウンターには様々な種類の保険が紹介されていますが、出発前なのでじっくり選ぶ余裕がなくオススメできません。
  5. 海外旅行保険付帯のクレジットカードを所持する
    カードによってサービス内容や金額が違いますが、持っているだけで自動で海外旅行保険が適用になるので便利です。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険とは?

「クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険に入っている状態になる」便利な特典です。

特典で海外旅行保険が付いているクレジットカードのほとんどは、海外旅行で役に立つ優待がたくさん付いているのが特徴です!

たとえば、空港にある特別なラウンジが無料で利用できたり、海外で使うとポイントが2倍になったり!そして最も重要な海外旅行保険!良いカードであればあるほど補償される金額が高額になります。

筆者が利用している海外旅行用クレジットカードの紹介

セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

  • 年会費:初年度無料、通常3,000円/税抜、26歳まで年会費ずっと無料
  • 海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
  • 疾病治療費用:300万
  • 携行品損害費用:30万
  • 空港から自宅へスーツケースを無料宅配、手荷物無料宅配サービス
  • 海外での万一のトラブル時に電話助けてもらえるサービス
  • 海外でショッピング時にカードを使うとポイントが2倍貯まる
  • 海外ATMで現金が引き出せる
  • 対面でカードの使い方について質問できるカードデスクが全国にある
  • 青いカード券面でお金持ちに見えない
  • 最短3日で発行可能

特にぎゅうぎゅうの満員電車の中スーツケースを運ぶ必要がなくなる手荷物宅配が人気。海外での万一のトラブル時に電話助けてもらえるサービスもついています。

セゾンカードは全国に有人のカードデスクがあります。カードの使い方がわからない時は対面で質問できます。

海外旅行者の中では年会費が安い「手荷物無料宅配、旅行保険用のカード」として有名です。

ゴールドカードと異なり、青い券面でもあるのでお金持ちに見えなくなるため防犯にも最適。金色のカードは海外ではお金持ちと認識される可能性もあります。

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカード

  • 年会費:初年度無料、通常10,000円/税抜
  • 海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 疾病治療費用:300万
  • 携行品損害費用:30万
  • 家族全員にも疾病治療費用300万と携行品損害費用30万が自動適用されます
  • 空港から自宅へスーツケースを無料宅配、手荷物無料宅配サービス
  • 海外での万一のトラブル時に電話助けてもらえるサービス
  • 海外でショッピング時にカードを使うとポイントが2倍貯まる
  • 海外ATMで現金が引き出せる
  • 対面でカードの使い方について質問できるカードデスクが全国にある
  • 国内でショッピング時にカードを使うとポイントが1.5倍貯まる
  • 国内の空港ラウンジが無料で利用できる
  • 最短3日で発行可能

このセゾンゴールドアメックスは家族や子供の分まで海外旅行保険が適用される「家族特約」がついます!家族全員の旅行保険がカバーできるので、かなりの節約につながります。

家族特約の対象者とは?(タップで開閉)

家族特約の被保険者の範囲は、本会員の配偶者、本会員または配偶者と生計をともにする同居の親族、別居の未婚のお子様です。

例えば、カードを作った本人のお子さんが留学中や、カードを作った本人が旅行に行っていない旅行中にお子さんがケガをされた場合も補償の対象になります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの「保険のご案内(補償規定)」はこちら

海外旅行には海外旅行用サービスつきのクレジットカードがおすすめ!

クレジットカードの中で年会費無料のものは海外旅行用のサービスがないので、何かあっても助けてもくれません。

電話してもロボット音声だったりで対応に時間がかかったりして逆に大変です。

マンガでわかるマイルと海外旅行

海外旅行がはじめての方におすすめの記事