マンガでわかる誰でもできる効率のいいマイルの貯め方とは

1

2

3

4

5

6

7

8

マイルの貯め方は人それぞれ!自分のペースで貯めていこう

JALマイルとANAマイルのどちらを貯めるべきなのか…?という話ですが、よく使う航空会社やロゴのカッコよさやイメージ、飛行機の乗り心地やサービスなどで決めてしまって良いと思います。

私の場合、どこかにマイルという6,000マイルで国内のどこかの空港に行ける無料往復航空券と交換したいのでJALマイルを貯めています。

通常なら片道で6,000マイル必要なので、往復で6,000マイルで旅行できる「どこかにマイル」はお得です!※ANAマイルにはこのサービスはありません。

マイルを効率よく貯めるには?

マイルを貯めるには飛行機に乗らないといけないと思われがちですが、そんなことはありません。
飛行機乗っても案外マイルは貯まりません。たとえば東京→大阪の片道飛行機に乗っても280マイルしか貯まりません。

ではどうすれば、たくさんマイルが貯められるのか。

  • 国内旅行、海外旅行や出張で飛行機を使ってマイルを貯める
  • 航空会社のクレジットカードを発行して利用する
  • Pontaポイントなど航空会社と提携した別のポイントと交換して使う
  • ポイントサイトなどで特定の行動をとって貯まったポイントをマイルに変換して使う
総合すると、日常生活でも積極的にマイルを貯めながら、年に数回乗る飛行機でもマイルを貯めるスタイルというのが一番効率よくマイルが貯まります。

今からマイルを貯めるならクレジットカードは必須アイテム!

飛行機に乗るにしろ乗らないにしろ、マイルを貯めるならクレジットカードを使うのが一番です。

  1. クレジットカードを利用する
  2. 利用額の一部が、カードのポイントとして還元される
  3. 還元されたポイントを、マイレージに交換する
  • 100円利用につき1マイル貯まるクレジットカードがあります
  • 無料で飛行機に乗れる特典航空券に交換する場合1マイルは2円以上の価値になります
  • 100円利用で2%還元ということになります

100円で1ポイント貯まって1%の高還元!と謳っているカードが多くありますが、マイルなら2%分の価値があるので2%の超高還元。だから、クレジットカードでマイルを貯めたい!と言っている方が多いんですよね。

日常での支払いをクレジットカードに集約することでマイルをたくさん貯める

マイルが貯まるクレジットカードまたはマイルに交換できるポイントが貯まるクレジットカードを手に入れて、日常生活の支払いをそのカード1枚に集約することにより効率よくマイルを貯めることができます。

  1. 家賃や公共料金(水道・ガス・電気等)
  2. インターネットやスマートフォンなどの通信料
  3. スポーツジムや趣味の習い事などの固定費
  4. 友人との飲み会や旅行などの交際費
  5. その他、雑費等
  • 1ヵ月3万円カード払い=300マイル貯まる
  • 1ヵ月5万円カード払い=500マイル貯まる
  • 1ヵ月10万円カード払い=1,000マイル貯まる
  • 1ヵ月15万円カード払い=1,500マイル貯まる
  • 1ヵ月20万円カード払い=2,000マイル貯まる

東京→大阪の片道で280マイル貯まるので、カード払いで貯まるマイルがすごいことがわかります!
毎月かかってくる固定費をうまくマイルにできればビギナーは卒業です!

たくさん貯めて飛行機で旅行に行こう!

「マンガでわかるマイル」シリーズ!マイルについて知ろう

海外旅行がはじめての方におすすめの記事